フランス巡礼の旅(1 )
聖フランチェスコの平和の祈り

 

如何なる時も、
私を振り立たせる祈りの一つが、

アッシジの聖フランチェスコによる「平和の祈り」です。
世界中で響き渡る、愛の言葉です。

 


ーーー原文よりーーーー

『 神よ、

わたしをあなたの平和の道具としてください。

憎しみのある所に、愛を置かせてください。

侮辱のある所に、許しを置かせてください。

分裂のある所に、和合を置かせてください。

誤りのある所に、真実を置かせてください。

疑いのある所に、信頼を置かせてください。

絶望のある所に、希望を置かせてください。

闇のある所に、あなたの光を置かせてください。

悲しみのある所に、喜びを置かせてください。

 

神よ、

慰められるよりも慰め、

理解されるより理解し、

愛されるよりも愛することを求めさせてください。

なぜならば、

与えることで人は受け取り、

忘れられることで人は見出し、

許すことで人は許され、

死ぬことで人は永遠の命に復活するからです。』

 

 

今回のフランス行きは、
私過去生のカルマを清め、
そして、過去生の巡礼の旅でもあります。

PARISまで12時間30分のフライト。
羽田発、PARIS行きの飛行機に乗り、最初に観た映画。

 

15時17分、パリ行き』(クリントイーストウッド監督)で、
聖フランチェスコの平和の祈りが現れました。

実話を元に、実際に起きた列車のテロを阻止したアメリカ人3人が主演の映画です。

子供の頃問題児と扱われた主人公3人が
大人になり、旅行先のフランスでテロを未然に防ぎ
ヒーローとなったストーリー。
(実話 : 詳しくはこちらで↓)
https://www.google.co.jp/amp/s/eiga.com/amp/movie/88331/

「アシッジの聖フランシスコの平和の祈り」を
主演者の一人によって、子供の頃から神に捧げる平和の祈りを祈り続けます。

そして大人に成長し、導かれた先、
親友3人で向かったパリ行きの列車で遭遇するテロとの対峙。

今までの全てのことが、
全ての経験が、この時のためにあったのだ。。。

 

その時、
私の中に閃光が差し込みました。

 

『 神よ!』

私は心の中で叫びました。

『神は私の全てを見通し、
私に救済と祝福を与え給う。

私に啓示を与え、今こうしてここにいます。

そして、
必要な導きと、
そこで経験するための出来事が起き、
気づきや成長をもたらしてくれます。』

この映画も偶然観たわけではなく、

平和の祈りによって、
多くの同志がいることを伝えてもらいました。

飛行機の中で涙が溢れ、
魂の呼びかけは神の呼びかけとなり、

そして、
神の道を歩むことの決心が
全ての道に通じていることに気づかされ、

導いてくれたことに溢れる感謝を捧げました。

 

こうして始まった、フランス行き。

降り立ったPARIS シャルル・ド・ゴール空港で
フランスの神にご挨拶し、
この地にこれた喜びを伝え
愛と感謝が広がるのを感じました。

ここでは、まだテロの記憶も新しく、
防弾チョッキを身につけた警備が物々しい雰囲気です。

そのような緊張の中でも、
フランスは、明るく元気に笑顔で迎えてくれました。

フランス入国担当者の「こんにちは〜」の日本語でのご挨拶。

ボンジュールを練習してきたけれど
最初の挨拶は、いつも通り、
「こんにちは」でした。

迎えてくれてありがとう♡

翌日は、
モネの家と庭園のあるシルベニーと、
ルーアンに移動します。

ここでも不思議な体験が待っていました。
次回に続く。。。

 

Love All Serve All
全てを愛し、全てに仕える
Michiko

 

魂の光 プラクティショナー東京校   7月15日

魂の光 プラクティショナー仙台校  7月14日

 

 

あなたは魂を知っていますか?
魂の何を知っていますか?

あなたは何者ですか?