「原爆で被爆しても、被害の出なかった人たち」
8月9日に長崎に原爆が落とされ、その爆心地から1.8kmしかはなれていない場所で被災したにも関わらず、原爆症が出なかった人たちがいる事実について、何が被爆した彼らを原爆症から守ったのか、ということについて説明になると思いますので以下引用いたします。

1945年8月9日、長崎に原爆が投下された。その爆心地から、たった1,8kmのところで、当時聖フランシスコ病院医長であった秋月辰一郎博士と病院関係者は全員被爆した。博士は焼け爛れて痛がる人々に、「水を飲んではいかんぞ!」と大声でどなった。
おそらく直観的に、血液の濃度を保ち、血液を水で薄めることなくガードしようとしたのだろう。(注)(確かに戦地で傷の深い重症の兵士に水を飲ませるとすぐに死んでしまうという記録がある。)
さらに博士は、次のように職員に命令したという。

「爆弾を受けた人には塩がいい。塩辛い味噌汁を作って毎日たべさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖はぜったいにいかんぞ。」(秋月辰一郎著「死の同心円ー長崎被爆医師の記録」講談社・絶版)

「放射線宿酔」と呼ばれる、レントゲンを受けた後に起こることがある全身の倦怠や頭痛などの症状には、体験上、生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲むとよいということをとっさに思い出し原爆の放射能から体をガードするには、塩が有効であることを推測したのだ。味噌汁の具はかぼちゃであった。後にわかめの味噌汁も多くとったらしい。

砂糖を禁じたのは、砂糖は造血細胞に対する毒素であり、塩のナトリウムイオンは造血細胞の活力を与えるという、彼自身の食養医学によってである。

するとどうであろう。そのとき患者の救助にあたったスタッフらに、原爆症の症状がでなかったのである。
普通なら、次第に進行してしまうところなのに、彼らはそれから後ずっと現実に生き延びているのである。
このことは私には大きなショックであった。

食というものによる、見かけからはなかなかわからない「体質的な強さ」というものの重い価値を知り、驚嘆した。
ちょっとした体質のガードが、明らかに生と死を分けているからである。

博士は人間の体質にとって、味噌が実に大切であることを説き、のちにこう語っている。「この一部の防衛が人間の生死の境においてきわめて重要なのである。」(秋月辰一郎著「体質と食物」クリエート出版)

博士の書いた「長崎原爆体験記」(日本図書刊行センター「日本の原爆記録」第9巻)という本の英訳版が欧米で出まわり、チェルノブイリ原発事故の後、ヨーロッパで日本の味噌が売れたということはあまり知られていない。(中略)秋月博士は、「体質医学」の大切さを主張し次のようにいっていう。

「それは、人間の体質を作りかえることが医学の本然の姿であるという信念による。人間の体質を作り変えて、病気にかからなくてすむ身体、また病気にかかっても軽くて治る身体になることである。」

玄米・塩(食塩ではなく、天日塩)、味噌、梅干、海藻、糠漬けなどの漬物、日本の伝統食が自分の身をまもることになります。