神様の日

1日は神様の日

日本列島を縦断した台風25号の勢力は
東京でも猛烈でした。

近くのビル建設の現場の囲いが揺れに揺れて、
剥がれて飛んでいくのでは、と、
思えるほど。

ここは、
「清水橋」という地名があるほど、
神田川の清流が流れていたところです。
(今は、地下に埋められています。
川の神さま申し訳ありません)

そして、
この土地を清める以前は、
大雨で床下浸水がある地域でした。

そして、
地下鉄や高速道路のために、
地下を掘り続けており、
眠っていた地下存在たちの怒りも
もたらした時期でした。

そのため、神さまに祈りこの地を清め、
人の罪やケガレの歴史に
神さまの許しをいただきました。

数年後には、
浸水は起こらなくなり、
不穏な住民は去り、

守護されていることに
感謝する日々です。

信じても
信じなくてもいいんです。

伝えていくことが
私の役目です。

地球は生きています。

そして、ここには、
たくさんの階層が存在し、
影響し合っています。

地球は生命体です。

精霊も
聖霊も
霊も
ともに存在しています。

地殻は動き、
マグマは流動し、
水は循環し、
進化し続けます。

祈りによって
人にとっての
大難は小難になります。

しかし、
無しにではなく、

小難は、
私たち人類への警告や学びとなるのです。

その警告や学びが受け取れない時は、
時として恐ろしいほどの
災難となります。

今この瞬間を感謝し、
生きていることを喜び、

できることを
今、行いましょう。

そして、
神さまの守護を信じ、
祈ります。

神さまが信じられないなら、
自分自身を信じて祈ってください。

逃れなれない宇宙の法則が
存在します。

重力や
引力が
あるように、

神さまの守護は、

「あなたの、そして人類の
カルマの許される範囲で
救済されます」

「今、ここに」

愛と感謝を込めて

esoteric mentor
Michiko