2月1日
大神さまのご挨拶のため神社に御参り
月初のご挨拶。

パートナーの勝次郎は
かつて信者であり、家系の罪苦を清めるために
祈りと修行を捧げてきました。

理由があって退会しましたが
今も大神さまと繋がり
日々お祈りしています。

神さまは人を選ばずに、
求める者を救い、
愛を与えてくださいます。

組織を組まれた信者でなくても
神を信じ、神とつながる者には、
教え導き、神のご威光を示してくださいます。

そして、神を信じることができた時に、
自分自身を信じることがゆるぎなきものになります。

自我を超えた世界と、
魂の世界で、
意識を成長させることができます。

霊的成長の始まりです。

子供のように
なんどもなんども転びながら起き上がり、
自分の足で立ち、歩めるようになります。

子供は、
転んでも転んでも、
「立ち上がって、歩ける」
ことしか目指していないから
何度でも起き上がれるのです。

「もうやめた!
立つことなんて無理!
それに歩けるわけないよ!」
なんて思いません。

神さまは、
大人になった私たちが、
信じることが真理であると気づくように
そして、神と一つになるように
待っていてくれています。

神さまの元へは、
自身の足で立ち、
自身で歩んでいくのです。

今日は
「まっすぐに進め。
そして、内なる火を表に現せ」
とお言葉をいただきました。

大いなる愛をありがとうございます。

2017/02/01