愛は大気の中にあふれています。

愛の温かみを感じなさい。

愛の喜びを、そして愛とともに訪れる自由を味わいなさい。

愛は内なる魂の一つの顕われです。愛は 言葉で語られる必要はありません。愛は無数のささやかな仕草に、手のふれかたや、まなざしや、体の動きの中に、おのずと表われるのです。

愛はあらゆるとこ ろに存在しています。
しかし愛を充分に味わうには、まず愛に気づかなければなりません。

空気はどこにでもありますが、呼吸をとめてその存在に気づき、人は空気のおかげで生きていられるのだという事実に思いいたらないかぎり、空気のありがたみをすっかり忘れています。

どんなことも、あるのが当たりまえと思ってはいけません。惰性的な心は、人生の放つ、きらめきや喜びを奪ってしまいます。

愛は、ささいなきっかけからはじまり、しだいに育っていきます。

人は本当に愛し合っているとき、相手を信じ、相手に心をゆだねています。

何ものにも邪魔させないで、その愛をいつまでも流し続けなさい。

あらゆるものの中にわたしの聖なる愛を流れさせなさい。

そしてすべての人の理解を越えた、あの深い平安を知りなさい。